枕を使わない人はよくない

枕を使わない人というのもいるようです。ですが、枕は大切な役割をしているので、それを使わないということは、その役割をしてくれるものがないので、あまりよくないといってもいいでしょう。

枕の役割は頭や首を支えて力を分散させて快適な睡眠を導くこと。寝返りがしやすい姿勢にすることです。枕を使わない人はこれらのことをしてくれるものがないので、首や頭に集中的に力がかかるとこがでてきたり、寝返りがしにくかったりします。

このことは実際に寝てみるとわかります。枕がないと、かなり首に力がかかってくることがわかります。これが睡眠時間中続けば肩こりや、筋肉痛の原因ともなりますし、血行不良にもつながっていきます。枕なしで寝ると朝につかいたみになっていたということを経験した人もいるのではないでしょうか。これは、寝る姿勢が悪かったときにでてくる症状です。

そして、寝返りがしにくいというのもよくありません。寝返りというのは睡眠において、重要な役割を果たすもので、寝返りよって、同じ姿勢を長時間とることによる筋肉の緊張を防ぎ、リラックスをさせるといったことが出来るようになっています。これも実際に体験してみるとわかることですが、枕なしですと寝返りもかなりしにくくまります。これは、思い頭をささえるものがないので、頭の布団などに埋もれて固定されてしまっていて動きにくい状態になっているからと考えられます。このような状態をつくらないようにするのが枕の役目というわけです。

ただ、枕はあればいいというものではありません。自分にあった形や高さの枕を使わなければ、かえって筋肉を緊張させて肩こりや筋肉痛の原因となるといったことも珍しくはありません。枕を使用しない人は、こういった自分に合わない枕を使っていたことが理由なのかもしれません。

ですが、自分に合った枕を使えば、その役割はしっかりと果たしてくれますので、自分に合ったものを見つけることが大切です。

ブログメニュー

枕のせいとは知らなかった

枕を替えたら疲れにくくなった気が

自分に合うのは簡単に見つかる