枕を替えたら疲れにくくなった気が

☆★ 2014.06.26 ☆★

毎朝、睡眠をしっかりとったのになぜこんなに疲れが取れないんだろうと思ったことはありませんか。

日中に、体の負担が多かったところを寝ている間に負担がかからないようにしている場合があります。

歩く時間が多く、足に負担がかかっていたら、寝ている間は足に負担がかからない寝方をします。

枕を変えただけで、朝起きた時に楽になることもあります。

気持ちよく寝るには、骨格と筋肉のいずれにも負担がかからないようにすると良いです。

人により、寝るときの姿勢は、横向きだったり仰向けだったりと様々です。

当然寝返りもするので、大事になるのは枕の存在です。

枕の、高さ、硬さ等が少しでも違うと起きた時に違いがあります。

いろいろ試したいが、その日の疲れ方によっても違いがあるので、いくつも枕を買うわけにはいきません。

枕の高さはタオルなどで調節して気持ちの良い高さを試してみましょう。

毎日使う寝具を、一度見直してみると朝の目覚めが違うかもしれません。

ブログメニュー

枕のせいとは知らなかった

枕を替えたら疲れにくくなった気が

自分に合うのは簡単に見つかる