疲れしらずに 小話

枕のせいとは知らなかった

☆★ 2014.06.26 ☆★

身体の疲れを取るためには、ゆっくりと休息を取ることが必要です。 疲れが取れていないような状態であまり無理をしすぎると、仕事の効率が悪くなってしまうようになりますので、悪循環と言えるでしょう。ですので、しっかりと疲れを取るようにして、次の日に持ちこさないようにしなくてはなりません。 そこで、体の疲れを取るために出来る事としては、しっかりと睡眠をとるという事があります。睡眠を十分にとることによって、疲れが取れるようにもなってきますので、いい睡眠をとるという事は大切なことになるのです。しかし、睡眠時間も十分に取れているはずなのに、全く疲れが取れないという人もいます。それどころか、余計に疲れているという事であれば、何が原因になっているのかを知るようにしなくてはなりません。原因として考えられるのは、枕があります。もしも自分に合っていないような枕を使っていると、疲れが取れないような事が起こってしまうのです。ですので、自分い合う枕を探すようにして、疲れを取るようにしましょう。

枕を替えたら疲れにくくなった気が

☆★ 2014.06.26 ☆★

毎朝、睡眠をしっかりとったのになぜこんなに疲れが取れないんだろうと思ったことはありませんか。日中に、体の負担が多かったところを寝ている間に負担がかからないようにしている場合があります。 歩く時間が多く、足に負担がかかっていたら、寝ている間は足に負担がかからない寝方をします。枕を変えただけで、朝起きた時に楽になることもあります。気持ちよく寝るには、骨格と筋肉のいずれにも負担がかからないようにすると良いです。人により、寝るときの姿勢は、横向きだったり仰向けだったりと様々です。当然寝返りもするので、大事になるのは枕の存在です。枕の、高さ、硬さ等が少しでも違うと起きた時に違いがあります。いろいろ試したいが、その日の疲れ方によっても違いがあるので、いくつも枕を買うわけにはいきません。枕の高さはタオルなどで調節して気持ちの良い高さを試してみましょう。毎日使う寝具を、一度見直してみると朝の目覚めが違うかもしれません。

自分に合うのは簡単に見つかる

☆★ 2014.06.26 ☆★

睡眠不足や不眠で悩んでいる人は多いです。質の高い満足な睡眠をとることは意外に難しく、実際にぐっすり眠れている人は多くはありません。不眠の原因で生活環境などが挙げられますが、大きい要因として寝具があります。その中でも、睡眠における枕の役割はとても大事なものとなっています。今の枕が自分にあっているかを把握している人はどのくらいいるでしょうか。枕が合っていないだけで、深い眠りを妨げている場合があります。しかし、自分に合った枕を見つけるのは意外に簡単です。枕にもいろいろな種類があります。固い物ややわらかい物、高い物や低い物、中に入っている素材も様々です。また使っているベッドや布団の素材などによっても合わせて選ぶ方が良いと言われています。自分の寝ている時の姿勢や体型に合わせて選ぶ為には、インターネットでの診断や専門店での相談が選びやすいです。自分で判断できない場合でも、専門家に気軽に相談することで簡単に見つけることができます。

ブログメニュー

枕のせいとは知らなかった

枕を替えたら疲れにくくなった気が

自分に合うのは簡単に見つかる