選ぶポイントは三つ

枕を選択するときの選ぶポイントは三つで、高さ、形、材質です。この三つの選ぶポイントが理解できればいい枕を選ぶことができますので、それぞれ説明していきます。

まずは高さですが、これは、枕の役割を考えるとでてきます。枕の大切な役割は、頭や首をささえて圧力を分散させてリラックスした快適に眠れる状況をつくることにあります。ですから、高さが不自然で首や頭の一部に力が加わってくるような場合は高さを調節する必要があります。

熟睡するための高さは一般的には男性が4cm、女性が3cmともいわれていますが、これは体型などにより個人差がありますので、自分に合った高さのものを選ぶ必要があります。

そして、この高さを考えるときに大切なのが、寝ている姿勢でのチェックと寝返りがしやすいかどうかのチェックです。多くの人が寝ている姿勢でのチェックはするのでしょうが、寝返りしやすいかどうかのチェックがありません。

寝返りというのは快適な睡眠には欠かせないもので、これをすることで、同じ姿勢でいることにより一部に圧力がかかることを避け、全体の筋肉の緊張をなくすといったことをしています。

ですから、寝返りがしにくい高さといったことは避けるべきなのです。

次に形ですが、これは上記の寝返りをしやすい形を選ぶこと、首や頭にかかる力を分散しているかという点で選ぶといいでしょう。ようはリラックスできる形で、寝返りがうてるかです。

最後が材質ですが、これはメンテナンスや肌触り、寿命といったようなことから選ぶことになってくるでしょう。通気性といったようなことも考えてもいいかもしれません。いかに寝心地のいいものでも、すぐに使えなくなってしまったり、耐久性がなくて、高さや形状が変わっていくといったものでは意味がありません。

これらのことを考えて、自分に合った枕を選ぶことが快適な睡眠にもつながりますし、ひいては健康維持にもつながっていくでしょう。

ブログメニュー

枕のせいとは知らなかった

枕を替えたら疲れにくくなった気が

自分に合うのは簡単に見つかる